干物 海産物 産地直送 通販 極上 干物函館 いか海産物いくら珍味
昔ながらの伝統の干物づくり

北海道の食文化の干物
北海道 函館の親しまれる老舗干物屋
相本水産とは
相本水産は、長い歴史ある函館朝市の中でも、最初に干物専門店として店を開きました。主に、市場などに卸し、関東一円の市場にも出荷しています。また長年の技術とノウハウを生かし、ホッケ・ニシンの糠漬けや鯨ベーコンなど干物以外の製品も高い評価と実績があります。丁寧な仕事と誠実な商売で「にっぽんの味」を届け、今日では海産物卸の老舗として、函館のみならず「北海道の干物といえば相本」とその名を知られています。
相本の人気の干物

魚のおいしさは、干物になって「うま味」に変わります


魚をさばくところ
一匹一匹、職人の目利きで脂ののり具合や大きさを見極め、干物に適した若菜を選び、手早く開いていきます。機械を使わずに手作業で丁寧にさばくことで、魚の持ち味を生かし、おいしさにつながります。
干物を干すところ
干物づくりは、気候や温度が大きく影響する繊細な仕事です。ここでは昔ながらの経験と、作り手のカンが大事になります。熟練のわざの見せどころです。
ぬか漬けの作業
干物になる魚 干物になるホッケ

熟成された干物
昔ながらの手づくり伝統製法により、魚の鮮度を保ちながら、うま味を最大に引き出すように、自然の力で熟成させます。手間と時間をかけてこそ、おいしい干物が出来上がるのです。
干し加減や塩加減など、魚のうま味を引き出すタイミングは職人芸です。食べる人のことを考え、丁寧に心を込めて作っています。
吊られた干物
箱詰めにされた干物
相本水産の干物は、脂がのり身がプリプリして格別のおいしさです。