本タラバガニ 本ズワイガニ カニ加工商品 訳ありガニ

北海道 カニ通販 お取り寄せ home  

北オホーツク海(北洋)は、極上カニの名産地
〜最高品質のタラバガニ・ズワイガニ〜

北洋の漁場(名産地)から、北海道の稚内に
穫れたてが、直接水揚げされる

世界の中でも最高級品種のカニが獲れる、北オホーツクの海。

世界全体でのカニの漁獲量は、年間11万トンあります。 国別では、第1位がロシア、第2位はカナダ、第3位は米国(アラスカ)となります。 日本の水揚げはごく少量で、ロシアが世界全体の約半分を占めるのです。
北オホーツク海の名産地で獲れる主なカニの種類は、本タラバガニを始め、ズワイガニ(オピリオ種、バルダイ種)、アブラガニ、毛ガニ等が主要なカニで、 漁獲量別ではタラバガニが44%、オピリオが23%、バルダイが10%を占めています。 北オホーツク海でとれるズワイガニやタラバガニは、世界中でも特に最高級品質のカニです。

上記の地図にある産地から獲れたてのカニは、直行ルートで北海道の稚内に活のまま水揚げされます。水揚げするのは、ロシア最大のカニ漁獲会社・PRK社です。カニの漁獲量が年間で1万4,000トンに上る、カニ漁で世界最大規模の会社です。保有するカニ漁船は、北オホーツクの好漁場で獲れたタラバガニ・ズワイガニなどを、日本の北海道稚内に直ルートで水揚げを行います。北オホーツク海の栄養分が豊富な漁場で成長した堅ガニのみを活きのいい状態で捕獲しています。

北オホーツク海(北洋)は、資源保護がされ、
良質な蟹が獲れる世界有数の好漁場。

北オホーツク海は、北洋漁業として、かつて日本のカニ船団が、最盛期を謳歌した漁場で、タラバガニを始め、最も良質なカニが獲れ、賑わった世界有数の漁場です。

【 北洋は、世界有数のカニの名産地 】


美味しいカニを選ぶなら、まず産地が品質の決め手です

北海道近海では不法漁獲が厳しく禁じられ、 国内のカニ漁は近年漁獲量が減少の一途です。
しかし一方のロシア領海域では、資源の保護を目的とし、一定量の漁獲枠内でカニの捕獲が行われています。元来から世界最良のカニ漁場である、北オホーツク海で獲れるズワイガニやタラバガニは、 カニの育成にとって自然環境の好循環となり、うらやむか豊漁を続けています。いずれにしても、カニの名産地がロシア領域内にあることには変わりありません。そしてカニの最高峰・バルダイは、北オホーツクの漁場にしか生息していない貴重な蟹です。
北海道に水揚げされる獲れたてのカニが、正規輸入ルートで、はこなび「かにの殿堂」を通じ、高品質なカニが、しかも格安値段で、手軽に産地直送のお取り寄せが出来るようになりました。カニを好むお客様にとっては、画期的な朗報だと思います。たぶん北海道人ならいざ知らず、今の日本では、最盛期の毛ガニそして北洋のタラバガニ・ズワイガニなどは、忘れられた過去の存在になっているかもしれません。

冷たい北オホーツクの海で育った、大きくて良質のカニ。北洋の忘れられた幻の蟹。

名産地とは、自然環境や風土に裏付けされ、それなりの条件が揃ったところと言えます。北オホーツク(北洋)の海は、タラバガニやズワイガニにとって、プランクトンが豊富で滋養がたっぷりの自然環境です。冷たい海でしっかり身を守る蟹は、豊潤で瑞々しい旨味があります。滋養豊富な海でしっかり育ったカニなので、国内の蟹とは味や大きさも違う、本物の蟹・カニ本来の旨みが堪能できます。認識が変わることでしょう。今、最高級品質のカニが、今までとは違う良心的価格で手に入ります。食べたいと思ったら、ぜひ活ガニの活〆の浜茹でを、一番におすすめ致します。はこなび「カニの殿堂」でご注文いただけます。

ズワイガニとタラバガニの旬の時期は、ぜひ活カニを味わってください。

北洋産の最高級品種・オオズワイガニ「バルダイ」

カニの種類によって、かに漁の時期が異なります。カニ漁が盛んな主な時期を言うと、ズワイガニのオピリオ種は、4月〜12月が漁の最盛期となり、 ズワイガニのバルダイ種は、1月〜3月が漁の最盛期となります。 タラバガニは、9月〜12月頃が最盛期です。この時期のカニを、ぜひ活〆の「活茹で」で食べるのが一番オススメです。

北オホーツク産のズワイガニ・タラバガニを、北海道から通販・直販で!